【要確認】キャッシングカードを即日発行する方法とは!?

【要確認】キャッシングカードを即日発行できる会社と条件とは?

  • キャッシングカードを即日発行してもらいたいけど、今日はもう遅い?
  • キャッシングカードを即日で発行できるなら、即日融資も可能なの?
  • キャッシングカードが即日発行されなくても、今日借りることって出来る?

 

キャッシングカードを持つ女性

 

今すぐにでもキャッシングカードを手に入れたい!

 

そんな気持ちでこのページを見ている人も多いのではないでしょうか?

 

実際には、キャッシングカードを即日発行してもらうことは可能です!

 

ただし、知らないと失敗したり、即日発行してもらえなかったりするケースが多くあります。

 

このページでは、あなた専用のキャッシングカードを即日で発行してもらうために必要な知識や方法を1ページにまとめました。

 

もしもあなたが、キャッシングカードを今日中に即日発行してもらいたいとお考えなら、今すぐ以下を読み進めて下さい。

 

 

キャッシングカードを即日発行できる会社

 

キャッシングカードを今日中に欲しいと思っても、即日発行してくれる会社を選ばないことには不可能です。

 

以下では、金融庁管轄の大企業が運営するキャッシングサービスをご紹介します。

 

プロミス

 

プロミスでは、最短30分審査、最短即日融資、資金使途自由、担保・保証人不要でキャッシングが可能となっています。

 

キャッシングカードを即日発行してもらうためには、自動契約機へ足を運ぶ必要があります。

 

その際にも、先にWEBで申込を済ませておくと、一から自動契約機で進めるよりもスムーズに事が進みます。

 

プロミスでは、初回の人だとウェブ明細とメアドを登録するだけで、借入翌日から30日間の無利息サービスを受ける事ができます。

 

キャッシングカードの即日発行にも対応していて、初回の人なら30日間の無利息期間もあり、非常にお勧めのノンバンクカードとなっています。

 

アイフル

 

アイフルでも、専用の無人契約機でキャッシングカードの即日発行が可能となっています。

 

専属のオペレーターが備え付けの電話機からサポートしてくれますので、操作方法に不安がある人でも安心です。

 

アイフルでは、契約成立日から最大で30日間の無利息サービスを初回の人限定で受ける事が可能となっています。

 

SMBCモビット

 

SMBCモビットでも、キャッシングの即日発行が可能となっています。

 

電話連絡や郵送物などをカットしたい場合には、ウェブ完結申込というサービスを選ぶことも可能です。

 

キャッシングカードの即日発行を希望される場合には、郵送かローン契約機からの受け取りとなります。

 

郵送の場合は、コンビニなどで受け取ることも可能となっています。

 

【緊】今すぐ20万円借りたい!必要な時に即日で借りる方法とは?…即日で20万円を借りる為にはちょっとしたコツや方法があります。急ぎで今日中に20万円借りたいって人にはこちらのサイトが役立ちます。

 

キャッシングカードを即日発行してもらうための条件とは?

 

キャッシングカードを即日発行してもらうためには、以下のような条件があります。

 

  1. 必要条件
  2. 必要書類
  3. 制限時間

 

一つずつ見ていきましょう。

 

必要条件

 

キャッシングカードを即日で発行してもらうためには、以下の最低必要条件を満たすことが求められます。

 

  • 20才以上
  • 安定した収入がある

 

未成年の契約は、後日責任者が無効にできる等の法律があります。

 

大手のキャッシング会社では、未成年者への貸し付けは行われていません。

 

また、無収入の人に対しての貸し付けも行われていません。

 

仮にあなたが、専業主婦やニートの状態だとしたら、安定した収入がないため申込することが出来ません。

 

必要書類

 

キャッシングカードを即日発行する為に、必要な書類としては「本人確認書類」が挙げられます。

 

  • 免許証
  • パスポート
  • 健康保険証

 

また、融資金額が50万円を超える場合、または他社借入を含めて総額100万円を超える場合には、収入証明書類が必要となります。

 

  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 給与明細書
  • 所得証明書
  • 税額通知書

 

最低でも、本人確認書類が準備できないとキャッシングカードの即日発行は難しくなります。

 

制限時間

 

キャッシングカードを即日で発行してもらうためには、審査受付時間の間に「申込・必要書類の提出」を終えておくことが必要となります。

 

自動契約機の営業時間が22時までだからと、22時ギリギリに入店して手続きをスタートしても間に合いません。

 

即日で発行してもらうためには、遅くても審査時間を逆算して20時までには申込や必要書類の提出を済ませておくことが重要です。

 

22時までに申込や審査が完了すれば、即日発行されたキャッシングカードを使って、今日中にATMから現金を引き出すことが可能となります。

 

【おまけ】早く審査をスタートさせるための裏技とは?

 

審査時間は最短30分と謳われているケースが多くありますが、実際には1時間とか2時間くらい時間を要することがザラにあります。

 

申込件数が多い盆正月・GWなどは審査待ちが発生している状態です。

 

当然、申し込み順に審査がスタートするわけですが、どうしても急ぎの場合、普通の日であったとしても20時過ぎに申し込みをした場合などは、優先して審査をスタートしてもらえるようにする方法があります。

 

それが、ウェブ申込後の確認メールや電話の際に「急ぎなので優先して審査をスタートして欲しい」と伝える事です。

 

特にキャッシングカードを即日発行して欲しいけど、時間がないという人の場合などには、優先して審査をスタートしてくれることが多くなります。

 

キャッシングカードの即日発行で一番スマートな流れはどれ?

 

キャッシングカードを即日発行してもらうためには、大きく以下の3つの方法があります。

 

  1. 自動契約機完結
  2. WEB+自動契約機
  3. WEB+郵送

 

一つずつ見ていきましょう。

 

自動契約機完結

 

必要書類を持って、そのまま自動契約機へ向かう方法となります。

 

自動契約機の中で、以下の流れを行います。

 

  1. 申込から必要書類の提出
  2. 審査待ち
  3. 審査結果を受ける
  4. キャッシングカードを発行する
  5. 現金をATMから引き出す

 

銀行の「モアタイムシステム」採用によって、現在では銀行の営業時間外でも24時間で振込が可能となっています。

 

勿論、モアタイムシステムを採用している銀行であればの話です。

 

現在では、500行以上が採用しており、殆どの銀行で24時間振込や着金が可能となっています。

 

キャッシングカードを発行してもらった後に、ATMからあなたの銀行口座に直接振り込みを行うことも、例え深夜であったとしても可能となります。

 

自動契約機完結の場合、申込から自動契約機の中で実施することになるので、非常に待ち時間が長くなることを覚悟する必要があります。

 

また、必要書類の不備があった場合などは、もう一度取りに帰ったりする手間も発生するリスクがあるのも覚えておきましょう。

 

WEB+自動契約機

 

スマホやPCから事前にWEB申し込みを済ませておくと、キャッシングカードの発行までの流れが非常にスムーズとなります。

 

事前にWEBで申込、スマホで必要書類の写真を提出することが可能です。

 

そのため、自動契約機まで移動している間にも、審査が進んでいますので非常に効率が良いのです。

 

あなたが自動契約機に到着するころには、ちょうど審査も終えていて、すぐにキャッシングカードを発行することが可能となっている場合もあります。

 

WEBで申し込めば、必要書類の不備があった場合にもすぐに対応できますし、自動契約機の中での待ち時間も最小限に抑える事が可能となります。

 

キャッシングカードを即日発行する為の流れとしては、最初にWEBで申込を済ませて、必要書類の提出も終えた後に自動契約機ヘ向かう流れが一番スムーズとなります。

 

WEB+郵送

 

WEBで申込を済ませて、審査に通ったらキャッシングカードなど一式を郵送してもらう方法もあります。

 

ただし、郵送を流れに組み込む場合には、キャッシングカードの即日発行は不可能となってしまいます。

 

郵送物が届くまでには、約1週間程度かかることが殆どですので、即日発行を希望される場合には選べない方法となります。

 

 

キャッシングカード以外を即日発行してもらう方法とは?

 

キャッシングの契約の際には、キャッシングカード以外にも以下のような書類が発行されます。

 

契約書

 

キャッシングを申し込んだ証拠となる書類です。

 

利用明細書

 

ATMで利用した場合には即時発行されますが、振り込みをした場合には後日郵送で利用明細が送られてきます。

 

勿論、利用明細の郵送をカットすることも可能です。

 

会員規約

 

キャッシングカードを発行してもらうと必ず会員規約が発行されます。

 

WEBで確認する方法を選べば、郵送されません。

 

自動契約機でキャッシングカードを即日発行してもらう場合には、契約書や利用明細書、会員規約といった諸々の書類は自動契約機の中で即時発行されます。

 

WEB申込で自動契約機を使わない方法を選び、かつ郵送物が不要な場合には、申込内容の選択として郵送物無しを選ぶことが可能となっています。

 

キャッシングカードを無しにする方法とは?

 

キャッシングカードを発行せずに、カードレスでお金の借入が可能です。

 

アプリを利用する

 

現在は、スマホで何でもできてしまう時代ですね。

 

キャッシングに関しても、従来の常識ではキャッシングカードが絶対に必要だったのですが…。

 

現在は、カードレス状態でスマホのアプリがあれば借り入れや振り込みが自宅にいながらでも可能となっています。

 

アプリを利用する場合にも、まずはWEBで申込をしてから契約を進めると良いでしょう。

 

アプリがあればカードを紛失したり、人に見られたりするリスクもないですし、急に必要となった場合でもスマホがあれば振込、ATMからの引き出しが可能となっています。

 

24時間営業のコンビニATMに対応しているキャッシング会社のアプリを利用すれば、深夜でも急なお金の工面が可能となります。

 

ちなみに、プロミス、アイフル、SMBCモビットのいずれもコンビニATMでのアプリ取引が可能となっています。

 

口座のみを使う

 

キャッシングカードを発行しない方法を選ぶ場合には、従来であれば振込のみでの対応が一般的でした。

 

銀行口座に振り込んでもらい、銀行口座から返済をするという方法です。

 

口座のみを使って、あとはPCやスマホで会員ページにログインして、そこから手続きをする方法となります。

 

コンビニATMですぐに引き出したり、銀行口座がないと引き出せなかったりと、何かと不便さが目立つ方法です。

 

スマホアプリに対応している現在では、利便性から言ってアプリを使った方が便利ですので、口座のみを使う人が減ってきているのが現状です。

 

即日発行が可能なら即日融資も可能なのか?

 

キャッシングカードの即日発行が可能ということは、別の言い方をすると以下のことをクリアしたとも言えます。

 

  • 個人の信用情報
  • 在籍確認

 

キャッシング会社では、申込があるとすぐに信用情報機関で申込者の過去の金融記録などの確認します。

 

他社借入件数だったり、返済残高が分かるだけでなく、過去に延滞や返済不能などの金融事故を起こしていないかどうかまで確認が可能です。

 

これによって申込者の与信情報が分かり、貸しても返済してもらえる人かどうかを判断しています。

 

また、安定した収入の裏付けとして、勤務会社への在籍確認も行われます。

 

方法としては、個人名でバレないように電話を入れる方法が一般的ですが、電話されることに不都合がある人などの場合には在籍していることを証明できる書類で代替される場合もあります。

 

個人あてに電話が入ることが不自然な会社の場合には、あなた宛てに電話がかかってきたことで不信に思われるリスクがあります。

 

そういった場合には、裏技のところでも紹介した通り、ウェブ申込の後の確認の段階で「在籍確認を電話以外でお願いしたい」という旨を伝える事です。

 

必ずではありませんが、在籍確認の電話を無しにして、別の方法で進めてくれる可能性があります。

 

前置きが長くなりましたが、キャッシングカードの即日発行が可能であれば、ATMから即日融資も可能となります。

 

キャッシングカードが発行されている時点で契約が完了していますので、管理画面やATM機からあなたの銀行口座に振り込むことも可能となっています。

 

当ページでご紹介しているプロミスやアイフル、SMBCモビットでは、土日や祝日でも審査を受け付けています。

 

勿論、キャッシングカードを即日発行してもらわなくても、スマホやアプリ上からお金を即日融資してもらうことも可能です。

 

キャッシングカードの即日発行ができない人の特徴とは?

 

信用情報

 

キャッシング会社同士は、信用情報機関に申込者の情報を提供することで、お互い情報を共有している状態となっています。

 

仮にあなたが、過去にクレジットカードで滞納を繰り返し、強制解約されたことがある場合などは、その事実が5年以上は保持されている状態です。

 

信用情報機関には、申込をしただけでも記録が残されています。

 

ただし、消費者金融に申し込んだという過去だけで社会生活上、何らかの不利益を被ることはないでしょう。

 

いわゆる信用情報に傷がついている状態というのは、金融事故(延滞や滞納、債務整理、代位弁済、自己破産など)がある場合をいいます。

 

審査時間外

 

多くの金融機関では、審査受付時間が設けられています。

 

24時間申込可能といったフレーズを目にして、なんとなく24時間申し込めていつでも借りれるのかなって思われたことはありませんか?

 

実際には、24時間ネット上から申し込みができる状態であって、審査が行われるわけではありません。

 

だいたい朝の9時から夜の9時までが審査時間となっていますので、それ以外に申し込まれた依頼は「待ち状態」となっています。

 

審査時間内だったとしても、終了間近での申し込みの場合には、翌営業日がスタートしてから審査がスタートすることとなります。

 

そのため、キャッシングカードの即日発行も不可能となってしまいます。

 

即日発行を希望される場合には、審査時間に余裕をもって申し込みを済ませておくことが重要です。

 

必要条件不備

 

あなたが未成年だったり、仕事をしていないため収入がない状態であった場合などは、必要条件を満たしていない為にキャッシングカードの即日発行は不可となります。

 

年金受給者の場合にも、仕事をしていないと安定した収入とみなされません。

 

また、学生さんで成人している場合に、親からの仕送りが安定してあるといった場合でも、同じく安定した収入とみなされません。

 

あくまで勤務している状態が安定した収入があるとみなされますし、その為には必ず在籍確認が行われて勤務していることを証明する必要があります。

 

在籍確認が全く行われない金融機関は、ほぼ闇金だと判断できます。

 

在籍確認なしといったフレーズをネット上で見かけますが、大体の場合は在籍確認の電話がないという意味ですので注意しましょう。

 

会社に勤めていることを隠したい理由も様々でしょうが、真っ当な金融機関からお金を借りる場合には必ず必要となる情報です。

 

まとめ

 

今すぐにでもキャッシングカードをゲットしたい気持ちも分かりますが、その為には必要なプロセスを踏むことが求められます。

 

といっても、現在はキャッシング利用者も多く、利便性が高まっている状態ですので、キャッシングカードの即日発行はそれほど難しいことでもなくなっています。

 

もしもあなたが、キャッシングカードの即日発行を希望される場合には、以下で紹介している大手のキャッシングサービスから選ぶと良いでしょう。

 

page top